STORY(STYについて)

ブランドストーリー

耐水や耐摩擦性に優れ、牛革より軽量ながらキズに強い性質を持つ『猪皮』。
しかし、鞣し加工の難しさからジビエ肉加工の副産物として扱われてきました。
「STY」では、資源の有効活用を目的としたプロジェクトを発端に、猪の「皮」に独自の技術を用いて環境に配慮した「革」として、新たな素材に生まれ変わらせました。

ワイルドボアレザー(純国産猪革)にこだわり、生地や金具等の素材や熟練の職人が手掛ける縫製に至るまで製品に用いる全てを日本国内で完結させた、【All Japan Made(純国産品)】を徹底しています。
環境に配慮した国産革を使用する事で購入者が意図せず環境保護への協力を実施する流れを構築しているのも特徴の一つです。

「STY」では、素材が持つ本来の魅力を引き立てながら、ユニセックスデザインに機能美を兼ね備えた革製品として仕立てることで、新たな一歩を踏み出しました。

猪革(レザーストーリー)

縁起の良い生き物とされる猪は、古来より我々の身近で重宝されてきました。
野山を駆け巡る彼らには、様々な神話も語られています。
しかし現在ではジビエ肉として注目を受けるも、皮の加工が難しく資源としての利用があまり多くはありません。
猪革は本来、財産のように扱われる貴重な革。
ヨーロッパ諸国を中心に猪革は「孫の代まで使える革」であると認識され、「祖父の猪革製品を仕立て直し、子や孫に受け伝える文化」もあります。
※諸説あり

「STY」の猪革製品も同様に、永く使い続けて頂ける様に製品づくりには強いこだわりを持っています。
ワイルドボアレザー(純国産猪革)の他、生地や金具等の素材や熟練の職人が手掛ける縫製に至るまで製品に用いる全てを日本で完結させた【All Japan Made(純国産品)】を徹底しています。
また、エシカルレザーの使用により購入者が意図せず環境保護への協力を実施する流れを構築しています。
貴重な革が本来持つ魅力を活かしながら、「STY」はその価値を後世にも伝えていきます。
ページトップへ